11月20日 伊勢通信


伊勢紙幣

江戸時代、伊勢には「山田羽書」と呼ばれる独特の紙幣がありました。横一寸(3.3㌢)、縦五寸五分(15㌢)の美濃紙の木版刷りで、これは神領伊勢内で通用するお札でした。

発行は奉行所が取り仕切っていましたが、神領のお札だけになかなか信用があったそうです。そして明治4年に廃藩置県で各藩の「藩札」がなくなった後も、これだけはさらに数年間通用していたそうです。


モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。