3月2日 伊勢通信


〇岩がき神宮に奉納
 
三重県鳥羽市の夏が旬の特産品「岩がき」が、例年寄り道一足早く2日伊勢神宮内宮に奉納されました。
奉納されたのは、鳥羽特産の「あだこ岩がき」と呼ばれるもので、生食用の岩がきとしては全国第一位の出荷量です。
身が大きく濃厚な味わいが特徴の「岩がき」は夏に旬を迎え、かき養殖が盛んな鳥羽市では来月から、冬がシーズンの「真がき」に代わって出荷が始まります。
2日は、鳥羽市畔蛸地区で「岩がき」を生産している漁業組合の関係者ら30人が初物の岩がき約50をカゴに入れ宇治までを渡り神楽殿に奉納し、順調に育った事に感謝し漁の安全などを祈願しました。
岩がきは、例年4月上旬からの出荷ですが、今年は伊勢志摩サミットの関係者に食べてもらうことを見据え、例年より20日以上早い出荷となりました。

モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。