3月5日 伊勢通信


お杉・お玉

江戸期、外宮と内宮をむすぶ道の途中「間の山」には、日本三大遊廓の一つ「古市」がありました。

この古市に「お杉・お玉」と呼ばれる美人の女芸人がいて、評判をとっていました。路傍で三味線をひき、人々の投げ銭を集めていたのですが、お大尽の馬上からの投げ銭も、バチで受けとめてそらさなかったというのです。

派手やかにものどかだった、昔の伊勢賑わいがしのばれるお話がのこっています。

現在、尾上町の旧参宮街道には、お杉・お玉の石碑が建っています。


モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。