3月18日 伊勢通信


御座・潮仏
寄せる波に、足もとや全身を洗われながら、「潮仏(しおぼとけ)」は岸辺の波打際に立っています。
身の丈三尺に満たない石仏は、大変大きな、人々の願いを背負ってきました。由緒書きに「かぎりなき世のもろ人を救わんと…」とあります。
ここ志摩町御座は、海女さんの里。
「潮仏」は昔から女性の腰から下の守り神とされてきました。安産祈願も多いそうです。
ご本尊が海から姿をあらわす干潮時に、皆さんお参りされています。

モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。