3月19日伊勢通信


日蓮聖人誓いの井戸
鎌倉時代の僧、日蓮聖人は敬神の念が厚い人でした。京への遊学の帰りに神宮へも立ち寄り、祈りを捧げたと伝えられています。今も市内倭町にのこる古井戸は、その時の日蓮の足跡の一つです。
日蓮は神宮参拝ののち、この井戸に立ち寄り、法華経を人々を救おうと誓いを立てたそうです。以来、この井戸は「日蓮聖人誓の井戸」としてのこされてきました。

*日蓮聖人誓の井戸
我、日本の柱とならん
我、日本の眼目とならん
我、日本の大船とならん
の石碑がたてられついます。

モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。