5/20伊勢通信


二軒茶屋
「二軒茶屋」という土地は、昔、伊勢湾を船で渡ってきた参宮の人々が上陸した所です。
文字通り二軒の茶屋があったそうで、二軒茶屋は、ここの場所で三百数十年も商って来られた名物「二軒茶屋餅」を販売しています。
店の裏の川辺には大きな碑があり、明治5年、伊勢に行幸された明治天皇もここに上陸されたのだとわかります。
今は月二回、かつての船参宮を思い出される和船(みずき号)が発着する「川の駅」となり、上流の河崎や神社(かみやしろ)と結んでいます。
また、二軒茶屋では毎月25日は「黒あんの日」と言い黒砂糖が使われた「二軒茶屋餅」が販売されています。そして伊勢人でさえほとんど知られいませんが25日は「三色餅(大根おろし・のり・きな粉)」の盆餅が店で召し上がれます。

モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。