6/3伊勢通信


志摩市・少林寺の円空佛
江戸時代初期の僧・円空は諸国をめぐり、行く先々でたくさんの木仏を残しました。
志摩を訪れたのは43歳の時。ここ少林寺に残る観音さまは60㌢足らずの木切れに、毛筆画のようなお顔を掘り出しています。
円空の彫った仏さまを見ていると、心にぽっと灯がともる気がします。木を無造作に刻んだだけのようでいて、何ともやさしく微笑んでいます。
誰にともなく、穏やかに語りかけているようです。


モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。