6/21伊勢通信


夫婦岩・夏至祭
6月21日は「夏至」。
太陽の出ている時間が一年で最も長い日です。今日は、二見町の興玉神社では、太陽が夫婦岩の真ん中から昇る朝日に向かい穢れを祓、夏至祭が営まれました。
昨夜から雨が降り続くなか、普段の夏至の日は全国各地から約300人の禊ぎの人達が集まりますが、今年は雨降りのため約100人が参加しました。
下帯や白装束に身を包んだ参加者は身体を動かしたあと海に入り手を合わせ日の出を待ちました。
今年は雨に見舞われ朝日を見ることは出来ませんでしたが、参加者は厚い雨雲の先にある太陽の方角に向かって手を合わせ祈りを捧げていました。
夫婦岩では夏至の日を中心に天気が良ければ二つの岩の中央から朝日を見ること出来、天候に恵まれれば夫婦岩の間に富士山が見え、頂上に太陽が上がるシルエットが浮かび上がるのが見られます。
夫婦岩のこの美しい光景に最初に気づいたのは誰だったのでしょう。有史以前ここから太陽を拝み、この岩を神様の宿る貴いものとしてきました。

モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。