6/24神宮通信


神宮別宮・伊雑宮御田植祭
今日24日、伊勢神宮別宮・伊雑宮の御田植祭が行われました。御田植祭は極めて古雅な神事で、指定名「磯部の御神田」の名で国の重要無形民俗文化財に登録されています。
白真名鶴(しろまなづる)の伝説がその起源と伝えられる伊雑宮御田植祭は、千葉の香取神社・大阪の住吉大社とともに日本三大御田植祭の一つに数えられております。
御田植祭の縁起は、これは踊込み唄に「昔真名鶴磯部の千田に稲穂落としたそのまつり」とあるように、磯部の「鶴の穂落とし」の故事によるものです。
遥かその昔より行われているものですが、現在の姿になったのは、平安時代の末頃から鎌倉時代のはじめ頃といわれております。
御田植祭の期日は、毎年6月24日の伊雑宮の月次祭の日に行われます。当日はいかなる雨や風が吹いても中止されることはありません。戦時中の空襲の最中においても行われていたそうです。
伊雑宮参拝・修秡のあと、田道人と早乙女が御料田に入り、交互に手を取り合って苗代のまわりを三周回り「苗取り」が行われ、御料田の畦に立てられた大団扇を三度扇いで倒し、近郷漁村の青年たちが下帯姿で勇壮に竹を奪い合う「竹取り」が行われました。
続いて荒れた御料田がならされた後、御田植となり、一列に並んで植えてゆく間、謡方、小鼓方、笛方、ささら方、太鼓方が調子をそろえて囃します。
半分を植え終わった頃休憩し、少年二人による「刺鳥差(さいとりさし)」の舞踊や、乾若布を肴に小宴を行い、残り半分を植え終ると近くの川で手足の汚れを洗い、御料田前の鳥居前に一同が整列すると「めでためでた」の唄声につれ、祭りのフィナーレである「踊り込み」が始まり、一同は伊雑宮の鳥居までの鳥居までの約200㍍の距離を2時間以上かけて練り歩き伊雑宮に戻り、童男の「納めの仕舞」で幕を下ろします。
式は午後10時から夕刻まで、一日を掛けて行われていました。

モデル事務所 エースのビジネスマッチング

エースに所属する様々な分野のスペシャリストが企業様、個人様のお力になります。 講師派遣・商品監修・講演・セミナーのご依頼はエースまで。